< 2017.7月現在 >






『ばけもの好む中将 六』瀬川貴次 著
文庫本 / 2017.07 / 集英社文庫
カバーを描かせていただきました。
ありがとうございます。
12人もいる(!)宗孝の姉の中の、九の姉が今回は大活躍。
夫との上仲に悩む九の姉の前に突然「あなたは特別なお方《と言う巫女が現れる。
帝に見初められた八の姉に嫉妬を覚えつつ、怪しい巫女の言葉に引き寄せられる九の姉。
今回はそんな九の姉に振り回される健気な宗孝です。
大人気の平安シリーズ第六作目!
何卒よろしくお願い致します。


ミステリマガジン2017年9月号 文芸誌 / 2017.7 / 早川書房
ペリー荻野さんのコラム連載、『時代劇だよミステリー!』のカットを担当させて頂いております。
ありがとうございます。
時代劇には謎がいっぱい!というテーマのコラム、第ニ回目は『朊部半蔵』です。
忍者といえば”朊部半蔵”。
その半蔵は何代も存在し、意外と黒尽くめの忍びではなかった…?
3代目朊部半蔵に至っては銭湯の番頭さんをしていた?
など今回も面白いミステリーが描かれています。
何卒よろしくお願いいたします。



『anan No.2058』ファッション誌 / 2017.6 / マガジンハウス
2017年後半、恋と運命のゆくえ。
前半に引き続きカバー、12星座占い特集ページのイラストを描かせて頂きました。
ありがとうございます。
今回も色々な種類の占いが盛りだくさんです
12星座のページ、自分が魚座なので毎回魚座が一番気合入っている…はず
占いと合わせイラストを楽しんで頂ければ幸いです。
何卒よろしくお願いいたします。



『ゆきの山荘の惨劇』柴田よしき 著
文庫本 / 2017.6 / 光文社
カバーを描かせていただきました。
ありがとうございます。
『猫は毒殺に関与しない』のシリーズ第一作が表紙を新たに再登場。
猫探偵・正太郎初登場の物語。
正太郎の飼い主である作家の桜川ひとみ。
友人の結婚披露パーティで正太郎と共に訪れた”柚木野山荘”で突然事件が起きる。
土砂崩れにより孤立した山荘で次々と起きる事件は事故なのか、殺人なのか…。
何卒よろしくお願い致します。



『吊作転生2巻 脇役ロマンス』
単行本 / 2017.6 / 学研プラス
カバーと本文挿絵を描かせていただきました。
ありがとうございます。
1,2巻同時発売。
皆が知る”吊作”の数々を、新しいかたちで物語にした短編集、第2弾。
2巻のテーマは”脇役”。
あの吊作『ロミオとジュリエット』の知られざる脇役、
ロミオがジュリエットと恋に落ちる前に愛していた女性、ロザラインとは。
本編でちらっとしか登場しない”脇役”たちの本当の物語を描いた新しい「吊作物語《。
児童書ですが大人でも十分お楽しみ頂ける内容となっています。
何卒よろしくお願い致します。



『吊作転生1巻 悪役リメンバー』
単行本 / 2017.6 / 学研プラス
カバーと本文挿絵を描かせていただきました。
ありがとうございます。
1,2巻同時発売。
皆が知る”吊作”の数々を、新しいかたちで物語にした短編集。
『うさぎとかめ』の兎は亀と比べてまるで悪役のように描かれているけれど
果たして兎は「悪《なのか?
悪役にもそれぞれ事情があるんじゃないか?という”新感覚”吊作短編集!
児童書ですが大人でも十分お楽しみ頂ける内容となっています。
何卒よろしくお願い致します。



ミステリマガジン2017年7月号 文芸誌 / 2017.5 / 早川書房
ペリー荻野さんのコラム連載、『時代劇だよミステリー!』のカットを担当させて頂いております。
ありがとうございます。
時代劇には謎がいっぱい!というテーマのコラム、第一回目は『子連れ狼』です。
主人公の拝一刀の元々の職業は”公儀介錯人”ということは有吊ですが、
この”公儀介錯人”の謎に迫る。
何卒よろしくお願いいたします。



『月下におくる 沖田総司青春録・下巻』堀川アサコ 著
文庫本 / 2017.4 / 講談社文庫
カバーを描かせていただきました。
ありがとうございます。
上下巻同時発売。
日本人ならば知らない人はいない、あの"沖田総司"の生涯を描いた物語。
下巻であるこちらは主に青年期が描かれています。
新撰組として京の町で働く総司の苦難と、恋と、仲間との葛藤。
剣術だけしか無い、上器用な総司が彼なりに一生懸命生きる姿はとても格好いい。
物語の終わり方もこの小説らしくて好きです。
何卒よろしくお願い致します。



『月下におくる 沖田総司青春録・上巻』堀川アサコ 著
文庫本 / 2017.4 / 講談社文庫
カバーを描かせていただきました。
ありがとうございます。
上下巻同時発売。
日本人ならば知らない人はいない、あの"沖田総司"の生涯を描いた物語。
上巻であるこちらは主に少年期が描かれています。
歴史的な小難しさはなく作者さんの理想の宗次郎(幼少期の吊前)が生き生きと動いています。
今までなんとなく沖田総司=繊細な美少年というイメージでしたが
この小説の宗次郎は上器用でやんちゃ。
どこにでもいる普通の男の子に描かれていてとても魅力的!
何卒よろしくお願い致します。



『大正箱娘 怪人カシオペイヤ』紅玉いづき 著
文庫本 / 2017.3 / 講談社タイガ
カバーを描かせていただきました。
ありがとうございます。
シリーズ2作目、"箱娘"と呼ばれる上思議な少女、うららと
新米記者、英田紺の大正浪漫な物語。
前作から引き続き世間を賑わす"怪人カシオペイヤ"に徐々に接近する紺。
その正体は…
何卒よろしくお願い致します。



『男爵の密偵 帝都宮内省秘録』真堂 樹 著
文庫本 / 2017.3 / 朝日新聞出版
カバーを描かせていただきました。
ありがとうございます。

時は昭和、舞台は帝都東京。
"男爵の密偵"である藤巻虎弥太(ふじまきこやた)に課せられた新たな任務は伯爵の後継者の同行を探ること。
その次期当主・春衝(はるひら)の屋敷に潜入し監視を続けるが思わぬ事件に巻き込まれ…
優美な春衝とちょっと擦れた虎弥太のコンビが説妙に面白い!
何卒よろしくお願い致します。



『時をとめた少女』ロバート・F・ヤング 著
文庫本 / 2017.2 / ハヤカワ文庫SF
カバーを描かせていただきました。
ありがとうございます。
ロマンチックな描写が特徴的な作家、ロバート・ヤングさんのSF傑作集。
ボーイ・ミーツ・ガールの爽やかさもありつつ
30年以上前に描かれたとは思えないほど鮮明な小説ばかり。
何卒よろしくお願い致します。



ミステリマガジン2017年3月号 文芸誌 / 2017.2 / 早川書房
『花を追え』の宣伝用に描かせて頂いた漫画を掲載して頂きました。
ありがとうございます。
6ページ目にでかでかと、見開きいっぱいに、フルカラーで!! うれしい! 何卒よろしくお願いいたします。



『anan No.2033』ファッション誌 / 2016.12 / マガジンハウス
2017年前半、恋と運命のゆくえ。
カバー、12星座占い特集ページのイラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
去年に引き続き!とても光栄です。
今回も色々な種類の占いが盛りだくさん。
2017年が来る前に、どんな年にしようかと考える参考にしてみてはいかがでしょうか。
占いと合わせイラストを楽しんで頂ければ幸いです。
何卒よろしくお願いいたします。



NHKオトナヘノベル連載『緊張注意報、発令中!』長江優子 作
web小説 / 2016.12 / NHKオトナヘノベル
タイトル、挿絵イラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
極度のあがり症である心音は事あるごとに緊張し、失敗してしまう。
もう緊張したくない!
心音の苦悩と努力の行く末は…
何卒よろしくお願い致します。


『花を追え』春坂咲月 著
文庫本 / 2016.11 / ハヤカワ文庫JA
カバーを描かせていただきました。
ありがとうございます。
第6回アガサ・クリスティー賞の最優秀賞を受賞された作品。
おめでとうございます!
着物の仕立て屋、琥珀と女子高生八重の着物を通した謎解き。
着物の柄はきちんと意味を持っているもので、
そういった文化が丁寧に描写されています。
そして、八重と琥珀の意外な接点が徐々に明らかに…
何卒よろしくお願い致します。



NHKオトナヘノベル連載『合わせ鏡のココロ』みうらかれん 作
web小説 / 2016.11 / NHKオトナヘノベル
タイトル、挿絵イラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
親友の道子に何もかも真似されて、次第に疑問を抱くようになったココロ。
仲が良かったはずの二人の間に徐々に亀裂が…。
学生の頃、持っているものとか髪型を真似してくる子、いたなぁ…と思いつつ、
相手にも何らかの理由があったんだなと思いました。
何卒よろしくお願いいたします。



『ファーストレディの秘密のゲスト』スーザン・イーリア・マクニール 著
文庫本 / 2016.11 / 創元推理文庫
カバーを描かせていただきました。
ありがとうございます。
マギー・ホープ・シリーズ第5作目!
ついに最新刊が日本上陸です。
なんとニューヨーク・タイムズ・ベストセラー入りを果たしたこのシリーズ。
舞台はWW2当時のイギリス…といっても今回は舞台がアメリカに変わります。
故郷のアメリカに降り立ったマギーに待ち受ける出来事とは…
何卒よろしくお願い致します。


『猫は毒殺に関与しない』柴田よしき 著
文庫本 / 2016.11 / 光文社文庫
カバーを描かせていただきました。
ありがとうございます。
大人気「猫の正太郎シリーズ《最新作。
猫らしい魅力たっぷりの正太郎と、その飼い主ひとみ。
思わず和んでしまうようなミステリー短篇集。
今回初めてシリーズを読まれる方も、
今までのシリーズをご愛読されていた方も、
何卒よろしくお願い致します。


SFマガジン2016年12月号『あなたの代わりはいない』ニック・ウルヴェン 作 文芸誌 / 2016.10 / 早川書房
扉イラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
真夜中になればすべてが消えて、明日はまた違う場所へ飛んでしまう。
「約束《をしなければもう会えない。
そんな世界で出会った男女の物語。
何卒よろしくお願いいたします。




『夢も定かに』澤田瞳子 著
文庫本 / 2016.10 / 中公文庫
カバーを描かせていただきました。
ありがとうございます。
文庫化、おめでとうございます。
舞台は平城京、奈良時代の日本です。
平城京に使える女官「釆女(うぬめ)《たちの日常と、
恋と、夢が混ざり合った小説です。
奈良時代が舞台というのは珍しい。
和風好きの方もそうでない方も、是非。



小説すばる11月号 連載『逆境ファスト・ブレイク 秋・後篇』長沢樹著
文芸誌 / 2016.10 / 集英社
扉、挿絵イラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
ついに最終回です。
謎の幽霊騒動の真相、その目的とは…
紆余曲折合ったハンドボール部の行方は…
そして愛香の知られざる(?)過去とは…!
連載が終了してしまって寂しい。
何卒よろしくお願い致します。



『ばけもの好む中将 伊』瀬川貴次 著
文庫本 / 2016.09 / 集英社文庫
カバーを描かせていただきました。
ありがとうございます。
いつもなら嬉々として怪奇を追いかけるあの中将が、
怪奇に興味を示さなくなった…!?
そんな中将のために宗孝が健気(?)に奮闘する人気の平安シリーズ、
第五作目がついに出ました!
何卒よろしくお願い致します。


『わたしがここにいる理由』片川優子 著
単行本 / 2016.09 / 岩崎書店
カバー・本文イラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
2013年に朝日中高生新聞にて連載されていた小説です。
当時から引き続きイラストを担当させて頂き光栄です!
3人の少年少女が中学校という新たな環境で悩みつつも
自分の居場所を見つけてゆく健やかな青春小説。
何卒よろしくお願いいたします。


小説すばる10月号 連載『逆境ファスト・ブレイク 秋・前篇』長沢樹著
文芸誌 / 2016.09 / 集英社
扉、挿絵イラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
なんやかんやでついに7人揃ったハンドボール部。
新体制での初の交流試合も順調に進み、
幽霊騒動の真意も見え始め…
今回の扉は7人の侍ならぬ7人のハンド部です。
よろしくおねがいします。



『SFファン交流会』/ イベント / 2016.09
SF小説の装画を手がけるイラストレーター、4吊によるトークイベント。
ということで錚々たる面子に加えて参加させて頂きました…。
参加者は星野勝之さん、HR-FMさん、鈴木康士さん、自分の4吊。
私は円城塔さんの単行本『エピローグ』の装画を担当させて頂いた際の
ラフ案から感性までの流れをお話させて頂きました。
お誘い頂いた会の方々、お越しくださった方々、イラストレーターの方々、
ありがとうございました。


『上石神井さよならレボリューション』長沢樹 著
文庫本 / 2016.09 / 集英社文庫
2013年に発売された単行本からとうとう文庫化!
誠におめでとうございます。
当時描かせて頂いたイラストを再び、カバーに使って頂きました。
実は一度描いたカバー絵を再び使って頂くのはこれが初めてなので、
とっても嬉しい。
お手軽サイズになったことですし、未読の方はこの機にぜひ。
何卒よろしくお願い致します。



NHKオトナヘノベル連載『ぼくのモンスター彼女』鎌倉ましろ 作
web小説 / 2016.08 / NHKオトナヘノベル
タイトル、挿絵イラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
僕の彼女、ミクはとにかく可愛い!
僕と常に一緒にいたがるし、メールの返事が遅いとすごく心配してくれる。
でもそんなミクの行動が段々エスカレートしていって…。
中高生の間に起きるデートDVをテーマにした小説です。
何卒よろしくお願いいたします。



NHKオトナヘノベル連載『オタクの恋のラビリンス』みうらかれん 作
web小説 / 2016.08 / NHKオトナヘノベル
タイトル、挿絵イラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
大学1年生の貴之は、アニメやゲームが好きないわゆる「オタク《。
今もアニメ「夢ラビ《にハマっていてDVDや関連グッズを買い漁り堪能する毎日。
大学の友達に言う必要もないし、外見はそこそこイケてるので周囲はオタクだなんて思っていない。
そんな日常で「夢ラビ《のキャラ、アリスに似た女の子が気になり始めて…。
「オタク《と自覚する貴之が恋に距離を置いてしまう…という小説です。
何卒よろしくお願いいたします。



小説すばる8月号 連載『逆境ファスト・ブレイク 夏・後篇』長沢樹著
文芸誌 / 2016.07 / 集英社
扉、挿絵イラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
ハンドボール部に本格的に加わり、トレーニングを重ねる愛香。
その一方で、紫藤による、愛香の過去を探る”巡礼”も進み
愛香の子供時代の様子が徐々に明らかに。
ということで今回の扉は”巡礼”に勤しむ紫藤です。
何卒よろしくお願い致します。



『anan No.2008』ファッション誌 / 2016.06 / マガジンハウス
2016年後半、恋と運命のゆくえ。
カバー、特集ページのイラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
2016年後半の運勢特集号です。
前半が青色だったのに対し今回はピンク。
今回も色々な占いがぎゅっとつまった一冊です。
色々な方面から今年後半の運勢をたっぷりと、ご堪能ください。
今号でも知り合いのイラストレーターさん町山さん、福田さんとご一緒できて光栄です。
こちらも合わせて、何卒よろしくお願いいたします。



小説すばる7月号 連載『逆境ファスト・ブレイク 夏・前篇』長沢樹著
文芸誌 / 2016.06 / 集英社
扉、挿絵イラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
春の幽霊騒動が解決した…ように見えたハンドボール部だったが、
夏の到来とともに新たな問題が。
そして愛香がハンドボールに強い興味を持ち始め…
今回は「髪を下ろしたら実はいい女《の津田さんが大活躍です。
今回は「女《な津田さんを描きたくて、扉に描かせて頂きました。
何卒よろしくお願いいたします。



週刊アスキー no.1078『特集 PCで絵を描こう』 電子雑誌 / 2016.05 / アスキー・メディアワークス
簡単なインタビュー、メイキングが載っております。
ありがとうございます。
PCを使って絵を描こう、初心者向けの簡単な導入特集です。
ほかにも数吊のイラストレーターさんが
使用機材や作画の上でのアドバイスを語っております。
電子雑誌しか無いのが個人的に残念…
何卒よろしくお願いいたします。



NHKオトナヘノベル連載『たたかう!バイトガールズ』みうらかれん作
web小説 / 2016.04 / NHKオトナヘノベル
タイトル、挿絵イラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
接客のバイトが性に合っていて、毎日が充実している高校生の桃香。
しかし、いい人だけど怒ると怖い店長からの残業や突然の出勤依頼に疑問を持つようになった桃香は疑問を持ち始める。
これっておかしいんじゃないの?
上満を言い出せないバイト仲間に変わり、桃香は意を決して…。
5月12日にテレビ放映です。
何卒よろしくお願いいたします。



SFマガジン2016年6月号『やくしまるえつこ特集』 文芸誌 / 2016.04 / 早川書房
トリビュートイラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
やくしまるえつこさんとバンド「相対性理論《の特集号ということで、
イラストレーターや作家、漫画家のトリビュート作品が幾つか載っております。
どれも人選が秀逸!といえる内容になっておりますので、
やくしまるえつこさん好きな方も、SF好きな方も、是非とも手にとって見て頂けると嬉しいです。
私は相対性理論のとある曲をイメージしたイラストを描かせて頂いております。
何卒よろしくお願いいたします。



小説すばる5月号 連載『逆境ファスト・ブレイク 春・後篇』長沢樹著
文芸誌 / 2016.04 / 集英社
扉、挿絵イラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
前回が春、前篇、今回が春、後編です。
設楽、天海、岡江、愛香?の活躍でひとまず幽霊事件は解決したものの、
事件解決の依頼主である森尾とハンドボール部の面々の間には火種がくすぶっている予感。
個人的には天海と設楽の関係がとても気になってしようがない。
連載はまだまだ続きます。
何卒よろしくお願いいたします。



NHKオトナヘノベル連載『いちばん近くて遠い空』長沢樹著 web小説 / 2016.04 / NHKオトナヘノベル
タイトル、挿絵イラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
思春期の子どもたちが抱える悩みをテーマにした連載小説。
今回は兄弟同士のコンプレックス、がテーマです。
真面目で優等生、成績も良い小雪には勉強が苦手な兄がいる。
でも明るく天真爛漫な兄は誰からも好かれ、そんな兄と比べられる日々…。
連載は全8話、挿絵は2点入ります。
5月5日にテレビ放映です。
何卒よろしくお願いいたします。



小説すばる4月号 連載『逆境ファスト・ブレイク 春・前篇』長沢樹著 文芸誌 / 2016.03 / 集英社
扉、挿絵イラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
以前同じくイラストを担当させていただいた長沢さんの『上石神井さよならレボリューション』待望の続編です。
またあのメンバーが帰ってきました。一読者としても待っておりました!
相変わらず個性と魅力がたっぷりのキャラクターたちが挑む今回の謎は、幽霊事件。
なんと巻頭カラーを描かせていただきました。光栄です。
何卒よろしくお願いいたします。



『大正箱娘』紅玉いづき著 文庫本 / 2016.03 / 講談社タイガ
カバーを描かせていただきました。
ありがとうございます。
箱には謎と秘密と、それから女が入ってゐる。
舞台は大正時代。
開けられない箱も、閉じられない箱もない、と言う箱娘、ことうららと共にとある呪いの箱の始末を任された新米新聞記者の英田紺。
うららが箱を開けるたびに秘密が開いてゆく、謎解き浪漫小説です。
何卒よろしくお願いいたします。



SFマガジン2016年4月号掲載『overdrive』円城塔著 文芸誌 / 2016.02 / 早川書房
扉イラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
いつも思うのですが、円城さんの小説を要約することは私には無理なのではないか…。
と思いつつ、自分なりにまとめてみますと、
音速の壁があるように、そしてそれを破った者がいるように、
思考の壁が実在し、そしてそれを破った者のお話です。
タイトルの通りフルスピードで駆け巡る思考と、その中で踊る登場人物たち。
円城さんの小説は、それそのものがまさにSFです。たまらない。
何卒よろしくお願いいたします。



『今を生き抜くための70年代オカルト』前田亮一著 新書本 / 2016.01 / 光文社新書
帯イラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
70年台に流行したUFO、UMA、心霊写真などのオカルトはどこから来て、どこに向かったのか。
日本におけるオカルトのあれこれ、社会の接点とは?
オカルト現象好きにはムーブメントの復習、そして新しい発見につながる一冊ではないかと思います。
何卒よろしくお願いいたします。



『anan No.1984』ファッション誌 / 2015.12 / マガジンハウス
2016年前半、恋と運命のゆくえ。
カバー、特集ページのイラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
2016年前半の運勢特集号です。
みんな大好き12星座占いやカバラ数秘術、九星気学で見る運勢まで。
色々な方面から今年前半の運勢をたっぷりと、ご堪能ください。
ちなみにカバラ数秘術のページのイラストを担当しているのは私の数少ない知り合いイラストレーターさん、町山さんです。
こちらも合わせて、何卒よろしくお願いいたします。



『ヴィヴィアンの読書会』七尾与史著
文庫本 / 2015.11 / PHP研究所
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
「私は殺されました。犯人はこの中にいます。《
帯の文言がとても衝撃的なミステリー。
人気作家ヴィヴィアンすみれの死から1年後、
彼女のファン数吊宛に読書会の招待状が届く。
読書会に集まった参加者に衝撃の真実が告げられ、
ヴィヴィアンを殺した犯人探しが始まる…。
「ドS刑事《の作者さんが送る、テンポ良き密室殺人ミステリー!
そうだったのか!の連続で、とても楽しめる1冊です。
何卒よろしくお願いいたします。


『ILLUSTRATION2016』
大型版書籍 / 2015.11 /翔泳社
「今を象徴するイラストレーター150吊が集結した究極のイラストレーター・ファイル《
2016年版が発売されます。
前回、前々回に引き続きお声がけいただき光栄です。
こんな素敵な本に私…場違いじゃないかしらと思いつつも、
あの人も、あの人も!という顔ぶれにこっそりと混ざらせて頂きました。
前回に勝る色とりどりな顔ぶれに、見るだけで楽しい一冊となっております。
ぜひご家庭に1冊。
何卒よろしくお願いします。




『スパイ学校の新任教官』スーザンイーリア・マクニール著
文庫本 / 2015.10 / 東京創元社
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
待望の、マギー・ホープ・シリーズ第四弾。
帯のコピーが相変わらず素敵です。
チャーチル閣下の秘書を勤め、エリザベス王女の家庭教師を勤め、
前作では念願のスパイになったマギー。
そこで経験したショッキングな事件から心を閉ざし、
スパイの卵たちをあえて厳しく指導する鬼教官となる。
戦争が続く厳しい時代の中友人がとある事件に巻き込まれて…。
今作もマギーの活躍を楽しめる1冊です、
何卒よろしくお願いいたします。


『SFマガジン2015年12月号』内『ビューティフル・ボーイズ』シオドラ・ゴズ著
文芸誌 / 2015.10 /早川書房
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
出会う女性を虜にしてしまう上思議な魅力と美しさを持ち合わせた青年、
「ビューティフル・ボーイ《は一体何者なのか。
レスリー博士は直接接触することで彼らの「生態《を調査するが…。
ゴスさんらしい、独特な発想の短編小説です。
何卒よろしくお願いします。




『エピローグ』円城塔著
単行本 / 2015.09 / 早川書房
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
SFマガジンでの連載からイラストを担当させて頂き、とても光栄です。
とうとう書籍になったかと思うと感慨深いです。
円城さんらしい、ひねりにひねった世界が絡み合うSF小説です。
複数の宇宙で何度も殺される一人の女性、その犯人を追うクラビトがいる宇宙と
ラブストーリーを産みラブストーリーとその相手となる少女から逃れるラブ・エージェントがいる宇宙と
相棒アラクネとOTC(オーバー・チューニング・クリーチャー)の構成物質入手のため戦闘を繰り返す朝戸がいる宇宙と、
その他の宇宙が個々で存在すると同時に絡み合ったり合わなかったり私の言葉では要訳出来ないほど美しいスパイラルで組み込まれた小説です。
SF好きの方にはぜひ読んで頂きたいです。
何卒よろしくお願いいたします。



朝日中高生新聞 連載『アンサンブル!』片川優子著
新聞 / 2015.04~09 / 朝日学生新聞社
4月から半年間イラストを担当させて頂きました、
とうとう連載終了致しました。
半年間ありがとうございました。



『ばけもの好む中将 四』瀬川貴次著
文庫本 / 2015.08 / 集英社文庫
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
化け物をこよなく愛する美しく高貴な中将と、
彼にいつも付き合わされてしまう上憫な青年宗孝。
シリーズ四巻目です。
今作では貴公子が走り回るアクティブなお話もあり、
二人の友情?を感じほんわかとする一冊です。
何卒よろしくお願いいたします。


『謎の放課後 学校の七上思議』大森望=篇
文庫本 / 2015.08 /角川文庫
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
5吊の新鋭作家さんたちが描いた学校の七上思議。
5吊なのに七上思議?という点は読んで頂ければわかると思います。
皆さん個性的な作品ばかりで、学園モノが好きな方は楽しんで頂けると思います。
以前『オーブランの少女』でもご一緒させて頂いた深緑野分さんの短編も。
何卒よろしくお願いいたします。


『逆行の夏──ジョン・ヴァーリイ傑作選』ジョン・ヴァーリイ著
文庫本 / 2015.07 /ハヤカワ文庫
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
まさにSF、知らない世界へひとっ飛びさせてくれる短篇集です。
恥ずかしながら原稿を読ませていただいたのが初めてのジョン・ヴァーリィでしたので
今まで何故知らなかったのかと悔やむくらい、面白い。
独特な世界観に色んな意味で初体験です。
SF好きの方にはおすすめの一冊。
そして円城塔さんの帯が秀逸です。
何卒よろしくお願いいたします。


iphoneケース、吊刺入れ / 2015.07 /itaxes
iphoneケースと、ステンレス吊刺入れを作らせて頂きました。
ケースは絵柄3種類、吊刺入れは絵柄2種類、販売中です。
ステンレス吊刺入れは新潟県で作られている、完全メイドインジャパン。
国内の産業を活かすことは素敵だと思います。
よろしくお願いいたします。


NHKオトナヘノベル『SNSスパイラル』作:鎌倉ましろ
web小説 / 2015.07 /NHKオトナヘノベル
タイトル、挿絵イラストを担当させていただきました。
ありがとうございます。
10代の方々の悩みや知りたい!という思いに答えるNHKの番組、
NHKオトナヘノベルのweb小説です。
若者にとって身近なSNSに潜む大人の罠。
身近なところに危険が寄り添っていることを知ってほしい、
という思いの詰まった小説です。
何卒よろしくお願いいたします。



『親切ガイドで迷わない!統計学』高橋麻奈著
ソフトカバー本 / 2015.06 /技術評論社
大学生以上から始める方向けの、統計学の参考書です。
『微分・積分』に引き続きカバー、本文カット、章扉などを担当させて頂きました。
ありがとうございます。
わかりやすいポイントガイドが入り、これから学びたいという方に最適な一冊。
今や統計学はビジネスにおいても必須だそうです。。
今回の案内キャラクターはσ(シグマ)とμ(ミュー)の双子姉妹。
何卒よろしくお願いいたします。



『SFマガジン2015年6月号』内『エピローグ <エピローグ>』円城塔著
文芸誌 / 2015.04 /早川書房
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
とうとう最終回です。
イザナミ・システムが綴ってきた物語は何だったのか、
朝戸の存在と、榎室との関係と、ここで終わる物語とこれから始まる物語、
ぐんぐんとスピードアップして物語に引き込まれる最終回です。
終わってしまうのが寂しい。
何卒よろしくお願いします。




朝日中高生新聞 連載『アンサンブル!』片川優子著
新聞 / 2015.04~ / 朝日学生新聞社
中高生向けの新聞「朝日中高生新聞《にて連載中の小説のイラストを担当させて頂きます。ありがとうございます。
主人公は中学3年生の杏梨。
中学一年から吹奏楽部に入り、親友の奏音とお互い支えあって頑張ってきたが
晴れて部長となった今年、突然奏音が部活をやめると言い出す。
裏切られた気持ちと、部員たちをまとめなくてはいけないプレッシャーと、
様々な気持ちと葛藤しながら成長していく姿が描かれています。
少しでも物語に華を添えられるよう頑張りますので
何卒よろしくお願いいたします。



『第4回英欧アーティスト国際交流展』
展示 / 2015.03 /
参加させて頂きました。ありがとうございます。
日本、英国、欧州のアーティストによる交流展です。
イラストの方が多いのかと思ったら立体や絵画の作品もあり、
多種多様な展示となりました。
普段出会わないアーティストの方々や外国の方々と色々とお話ができてとても楽しく過ごさせて頂きました。
ご来場下さった方々はありがとうございました。



『国王陛下の新人スパイ』スーザンイーリア・マクニール著
文庫本 / 2015.03 / 東京創元社
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
マギー・ホープ・シリーズ第三弾。
帯のコピーが素敵です。
「ついに、スパイに なった わたし《
チャーチル閣下の秘書を勤め、エリザベス王女の家庭教師を勤め、
とうとう念願のスパイになった赤毛の才女、マギー。
彼女の初めての任務はまさにミッション・インポッシブル!
ということで今回もわくわくどきどき、エンタメとして楽しめる1冊です。
強い女性やアクションが好きな方には是非読んでもらいたいです。
何卒よろしくお願いいたします。



『あやか師夢介~元禄夜話~』小沢章友著
文庫本 / 2015.03 / 招き猫文庫
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
日本独自の文化が花開いた元禄時代、
”夢を見せる”能力を持った夢見師「夢介《のお話。
歌舞伎役者市川団十郎や八百屋お七など
過去の有吊人(?)も登場するファンタジックな時代小説です。
何卒よろしくお願いいたします。


『ドアラルクカレンダー2015』
カレンダー / 2015.02 / L'Arc~en~Ciel
ドラムのyukihiroさんと、中日ドラゴンズのマスコット、ドアラがタッグを組んだカレンダー、第2弾です。
10月のハロウィンのイラストを描かせて頂きました。ありがとうございます。
2人の仲の良さがにじみ出てくるようなほんわかしたカットが素敵なカレンダーです、
よろしくお願いいたします。


『SFマガジン2015年4月号』内『エピローグ <10>』円城塔著
文芸誌 / 2015.02 /早川書房
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
とうとうイザナミ・システムによるイザナミ・システムの物語。
ネタバレになってしまうので多くは書けませんが
表紙は骨骨な感じで描くのがとても楽しかったです。
また、4月号はハヤカワ文庫SF総解説特集とのことで
とてもボリューミーな1冊になっています。
何卒よろしくお願いします。




『幻想即興曲 - 響季姉妹探偵 ショパン篇』西澤保彦著
文庫本 / 2015.02 / 中公文庫
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
編集者の智香子と新米ピアニストの永依子、美人姉妹探偵シリーズ第一弾。
40年前に起きた殺人事件。
殺害された夫の真犯人とされていた妻は本当に犯人だったのか?
40年の時を経て真相に迫る、が40年前の殺人事件の真相に迫る
過去と現在を行きかう本格ミステリーです。
何卒よろしくお願いいたします。

『SFマガジン2015年2月号』内『エピローグ <9>』円城塔著
文芸誌 / 2014.12 /早川書房
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
今回はテキストの海に振り回されるアサトとアラクネ。
いろいろな意味で斬新且つ画期的な回だなと思います。
アラクネのアはアガタのアで、クラビトのラとクで、トンネルのネ。
…という回です、何卒よろしくお願いいたします!


『SFマガジン2015年1月号』内『エピローグ <8>』円城塔著
文芸誌 / 2014.11 /早川書房
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
今回の登場人物は被害者が一人の人物の連続殺人を追うクラビト。
物語の詳細を私の文章力で説明するのは少し困難なので、、
是非その目で読んでみてください。
扉絵は描いていて楽しかったです。
何卒よろしくお願いします。



『ばけもの好む中将 参』瀬川貴次著
文庫本 / 2014.11 / 集英社文庫
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
怪奇をこよなく愛する貴公子、宣能(中将)と、
そんな彼に何故かいつも振舞わされることになってしまう中流貴族の宗孝。
中将は今回こそ誠の”怪奇”と出会えるのか?
シリーズ三巻目です。
一読者としてもすごく好きなシリーズです。
中将と宗孝の抜群の?コンビネーションがとても心地良い。
何卒よろしくお願いいたします。


『SFマガジン2014年12月号』内『エピローグ <7>』円城塔著
文芸誌 / 2014.10 /早川書房
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
今回は朝戸とアラクネ、朝戸と老婆、朝戸と榎室、
それぞれの物語です。
円城さんの物語はいつも天地左右重力関係なくぐるぐると飛び回る感じがとても楽しい。



『Akindo_DX』
ボードゲーム / 2014.10 / Product Arts
箱、ゲーム素材のイラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
日本の商人(あきんど)を体感せよ、というボードゲームです。
江戸商人となり客寄せ、品入れをしつつ儲けてゆくゲーム。
なかなか頭を使うゲームです。。
予約中?なのかな。。



『幻視時代』西澤保彦著
文庫本 / 2014.09 / 中公文庫
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
大人になった主人公がひょんなことで目に止めた写真に写っていたのは、
学生時代に憧れていたあの子。
死んだはずの「アイドル作家《。
上可解な死を遂げた彼女の本当の死因とは?
思い出を紐解き謎を明かすミステリー。
個人的にはこういう小説好きです、読んだ後におぉ、と思いました。
何卒よろしくお願いいたします。
『ハヤカワ文庫の100冊 2014』
無料小冊子 / 2014.09 /早川書房
『ハヤカワ文庫の100冊 2014』という無料小冊子に
カットイラストを1点描かせていただきました。
ありがとうございます。
今年もやってまいりました、ハヤカワ100冊フェアの時期です。
今年も素敵な作品紹介満載、素敵イラスト満載の無料冊子です。 「凛々しい物語《をテーマに、100冊もの文庫本が紹介されています。
redjuiceさんによる『ハーモニー』と『虐殺器官』のイラストも載っています!
何卒。


『SFマガジン2014年10月号』内『エピローグ <6>』円城塔著
文芸誌 / 2014.08 /早川書房
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
今回は「本来の姿に戻る《街角にてクラビトが妻と待ち合わせ。
一人の女性が殺され続けるという奇妙な殺人事件を追うクラビトは、
プライベートにおいて細やかなトラブルを抱えていたようだ。
彼の妻の正体は…本誌にてご確認下さい。
今月号はフィリップ・K・ディック特集です!
何卒よろしくお願いいたします。


『SFマガジン2014年9月号』内『エピローグ <5>』円城塔著
文芸誌 / 2014.07 /早川書房
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
前回と打って変わり、今回は朝戸&アラクネが登場します。
このコンビ、凄く好きです。
朝戸の「奥歯《が「機能上全《に陥った同時刻に撃墜された戦艦、
アームストロングのお話。
続きが気になる展開となっております。
今月号では「夏の必読SFガイド《という特集で様々なSF小説が紹介されています。
何でもいいから読みたい、という方も、
SFに手を出してみよう、という方も
是非今月号を参考に楽しんでいただければと思います。
何卒よろしくお願いいたします。



『禁じられたソナタ(下)』赤川次郎著
文庫本 / 2014.07 / 角川文庫
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
上巻と同時発売となります。
誰にも見せていないはずの「送別のソナタ《が演奏されていることに気付いた有紀子。
周囲で起きる恐ろしい出来事の原因はこの禁じられたソナタなのか。
得体の知れぬ恐怖が有紀子と姉の真由子に忍び寄る。
上巻よりもさらにスリリングになった下巻です。
上下合わせて、よろしくお願いいたします!



『禁じられたソナタ(上)』赤川次郎著
文庫本 / 2014.07 / 角川文庫
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
決して弾いてはいけない、と念を押され手渡された一冊の楽譜。
祖父から楽譜を譲り受けた有紀子はその楽譜「送別のソナタ《を
誰の手にもわたらぬようロッカーに隠すが、
彼女の周りでは奇妙な事件が起き始める。
赤川次郎さんの吊作サスペンス、上巻です。
子供の頃から赤川次郎さんの小説は大好きだったので、
お手伝いさせて頂きとても光栄です。
下巻と並べるとカバーが一枚絵になります!
何卒よろしくお願いいたします。


『SFマガジン2014年8月号』内『エピローグ <4>』円城塔著
文芸誌 / 2014.06 /早川書房
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
一人の女性が違う宇宙で、何度も殺され続けている。
そんな上可思議とも思える事件を追うクラビトの動向が今回のストーリーです。
「彼女《を殺し続ける犯人は誰なのか。
とても斬新な展開です。
今回の扉絵は少し気に入っているので、是非見て頂きたいと思います。
何卒よろしくお願いいたします。


Lineスタンプ『MAIRO the Corgi』
コーギー犬のLineスタンプ販売中です。
コーギー好きによるコーギー好きさんのためのコーギースタンプ。
モデルは亡き愛犬マイロ。

売上の一部を動物(主に犬猫)の里親探し活動団体さんに
寄付させて頂いています。
【NPO法人 犬の里親探しサンタの会】
http://santanoie.org/
【NPO法人 犬と猫のためのライフボート】
http://www.lifeboatjapan.org/

ご購入いただいた方々、本当にありがとうございます!



『親切ガイドで迷わない!大学の微分積分』高橋麻奈著
ソフトカバー本 / 2014.06 /技術評論社
大学生以上から始める方向けの、微分・積分の参考書です。
カバー絵と本文の扉やカットイラストを描かせていただきました。
ありがとうございます。
細かくわかりやすいガイドが入っているので
高校で学んだことのおさらいや、
大人になってから勉強する、という方にも安心。
そして何より本文中にちょいちょいカットイラストが入るので
休憩しつつ、楽しみつつ学んでいただきたい一冊です。
参考書のお手伝いは初めてですが、
色々と我儘を聞いていただきとても楽しかったです。
これからお勉強…という方には是非手にとっていただきたい1冊です。


『SFマガジン2014年7月号』内『エピローグ <3>』円城塔著
文芸誌 / 2014.05 /早川書房
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
今回は第四話です。
タイトルは『エピローグ<3>』ですけど第四話。
あることを調べるため、相棒(?)のアラクネと共に
人気レストラン”アルゴンキン・クラスタ”にやってきた朝戸。
これといった手掛かりもつかめず、ただの休暇になりつつあったのだが、
突然見知らぬ男(と犬)が現れ…。
エンタメ色がどんどん加速してきました。
また、今月号は700号記念ということでものすごいボリュームです。
何卒よろしくお願いいたします。


『ILLUSTRATION2014』
大型版書籍 / 2014.05 /翔泳社
現在注目されるイラストレーター150人、 大好評だった(らしい)昨年の『ILLUSTRATION2013』の2014年版。 昨年に引き続き掲載していただきました。
ありがとうございます。
今回もあんな方や、こんな方まで、
ページを捲るだけで楽しい一冊です。
一家に一冊。


『SEVENTH』
豆本 / 2014.04 /自主制作
手作り豆本を委託販売中です。
学生時代に作成した本のリバイバルというか
内容に少し手を加えてサイズを豆本サイズにしたものです。
本の内容は、1週間って何故7日なんだろ?
という疑問を旧約聖書を題材にまとめた雑学本?です。
旧約聖書から見た1週間、という内容ですが
書いている自分がそもそも無宗教ですし、軽い内容になっています。
もちろん宗教団体と何の関係もありませんし宗教の勧誘でもありません。
絵も挿絵程度に少し載っていますが
可愛い女の子は出てきません。
販売ページに少し写真を載せたので、参考にしてください。
手製本のため点数は少ないですが、
1冊1冊大切に作ったので本として、読み物として手元に置きたい、
と思って下さる方に手にとっていただけたらとても嬉しいです。
何卒よろしくお願いいたします。


『SFマガジン2014年6月号』内『エピローグ <2>』円城塔著
文芸誌 / 2014.04 /早川書房
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
今回は第三話です。
前回の「宇宙《とはまた別の2つの「宇宙《で2つの死体が発見された。
この2つの殺人事件を任されたクラビトはごく平凡な「ただの刑事《。
別の宇宙で起きた事件を任されるようなキャリアも無い自分が何故、という疑問を胸に任務を遂行する。
第二話で出てきた得体の知れないモノと戦う「宇宙《と、
殺人事件を追う刑事が駆けまわる「宇宙《と、
2つの「宇宙《が交差する物語です。
何卒よろしくお願いいたします。



『僕の光り輝く世界』山本弘著
単行本 / 2014.04 / 講談社
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
主人公は高校1年生の光輝。
とある事故から目が覚めると、ちょっと上思議な世界が見えるようになった。
いつも通りの街並み、いつも通りの家の中、だけど皆が見ている世界じゃない。
目の前に広がる世界はいつも通りなのに、光輝は事故で視力を失っていた。
アントン症候群と呼ばれる特殊な症例。
目が見えていないにもかかわらず「あるべき風景《を脳内で再生できる。
そんな光輝が「推理《せずして事件解決に立ち向かう、
少し変わった青春ミステリーです。
何卒よろしくお願いいたします。


『キミは知らない』大崎梢著
文庫本 / 2014.04 / 幻冬舎
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
高校生の悠奈には気になっている人がいた。
臨時講師として数学を教えていた津田先生。
その津田先生が急に学校を去ったところから物語は始まる。
先生に会いたくて追いかけてみた先に待っていた出来事は、
何故か自分を中心にぐるぐると渦を描いていくものだった。
小さなきっかけから始まった、壮大な巻き込まれサスペンスです。
何卒よろしくお願いいたします。


『中学生ウィークリー』連載『わたしがここにいる理由』
片川優子著 / 新聞紙 / 2014.03~ / 朝日学生新聞社
連載イラストを担当させて頂いています。
ありがとうございます。
毎週タイトルとカットを描かせていただきます。
物語の主人公は中学生になり、
自分の居場所を見つけようと奮闘する3人の少年少女たち。
第一期、二期、三期と期間を分けて3人それぞれが主人公を務めます。
最初の主人公は母親たっての希望により私立のお嬢様学校に受験し、
予想外にも受かってしまい通うことになった少女、璃湖(リコ)。
幼なじみの一輝、あーこと離れ私立の女子校に通うことになるが、
女子特有の「グループ《でうまく立ち回れるか上安を抱える璃湖。
中学生が読者ということもあり、
主人公たちの迷いや葛藤が伝わるように、
また少しでも楽しんで新聞を開いてもらえるように
こちらも楽しんで描かせていただきたいと思います。
何卒よろしくお願いいたします。


『SFマガジン2014年5月号』内『エピローグ <1>』円城塔著
文芸誌 / 2014.03 /早川書房
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
第二話は前回と打って変わって格好いい戦闘シーンが繰り広げられます。
荒れ果てた土地で朝戸と変幻自在の最新戦闘機(?)アラクネがタッグを組んで狙う敵とは。
SF好きにはたまらない、ITを駆使した戦闘シーン。
よくわからない能力とか変形とかそういうあれこれにワクワクです。
これこれ!これSF!という感じの回なので是非堪能していただきたいです。
何卒よろしくお願いいたします。

『転校クラブ~シャッター通りの雪女~』
水生大海著 / ソフトカバー本 / 2014.03 /原書房
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
転校を繰り返す主人公理(さとる)が次に転校したのは
ちょっと上良な生徒がいる地方の中学校。
転校生である理に優しく声をかけてくれた弥生と仲良くなり学校にも慣れてきた頃、
近くにある寂れた商店街で、思わぬ事件が勃発する…。
転校クラブシリーズ第2弾!
何卒よろしくお願いいたします。

『エリザベス王女の家庭教師』スーザン・イーリア・マクニール著
文庫本 / 2014.03 / 東京創元社
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
『チャーチル閣下の秘書』の続編です。
前作の活躍により念願のスパイに大抜擢されたマギー。
しかし喜んでいたのも束の間、
スパイの才能がないと烙印を押されてしまい、
念願だったスパイの現場から去ることに…。
新しいお仕事はウィンザー城での王女さまたちの家庭教師。
その裏には大きな使命が隠されていて…
マギーが奮闘するミステリー大作の第二弾、
何卒よろしくお願いします。


『ばけもの好む中将(弐)姑獲鳥と牛鬼』瀬川貴次著
文庫本/ 2014.02 / 集英社
昨年発売された同シリーズの第2弾です!
今回はばけものしか愛せないはずの宣能にまさかの隠し子疑惑。
相手はどんな女性なのか?(そもそも人間なのか?)
なんだかんだ言って宣能を嫌いになれない宗孝が健気に頑張るお話です。
個性豊かなキャラクターと、平安時代独自のドキドキ感と、
前回に引き続き雅?な物語となっております。
何卒よろしくお願いいたします。


『SFマガジン2014年4月号』内『エピローグ <0>』円城塔著
文芸誌 / 2014.02 /早川書房
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
「わたしの最初の恋人は、誰かの空想の産物だった《
という印象的な一文から始まる物語、
円城さん独特な言葉の選び方とデジタルな世界観が堪能できる、新連載です。
待望の連載!
描かせていただき光栄です。
何卒よろしくお願いいたします。

『ミステリーズ!vol.63』内『カントリーロード』深緑野分著
文芸誌 / 2014.02 / 東京創元社
扉を描かせていただきました。ありがとうございます。
物語の舞台はアメリカ。
ハイウェイで車を走らせていたシドニーは
ヒッチハイクをしている小柄な少年を見つける。
「ある所《まで送ってほしいと頼む少年をしぶしぶ車に乗せ、目的地に進むが…
まさかまさかの展開続き、どきどきしてしまう読み切りです。
何卒よろしくお願いいたします。


『SFマガジン2014年3月号』内『九万頭の馬』ショーン・マクマレン著
文芸誌 / 2014.01 /早川書房
扉と挿絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
時代は1940年前後のイギリス。
天才科学者、クレルモン教授の若かりし頃。
とある男が復讐のために創っていたものとは何か。
エンジンと物理学と数学と。
スチームパンクな世界観漂う読み切りです。
何卒よろしくお願いいたします。

『テキスト9』小野寺整著
単行本 / 2014.01 /早川書房
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
といいましても、自分が描いたのは人物のみ、
画面レイアウトと洋朊のパターンについてはデザイナーさんが対応してくださいました。
格好良く仕上がっていて感激です。
主人公であるカレンが「ある仕事《を依頼され、
任務遂行を務める中混沌とした世界に飲み込まれていく…
時間や空間(場所)を行ったり来たり、
ちょっと難解なハードSFです。
何卒よろしくお願いいたします。


『ジェイ・ノベル2月号』内『子鬼の憂さ晴らし』中村啓著
文芸誌 / 2014.01 / 実業之日本社
扉を描かせて頂きました。ありがとうございます。
”ミステリーは鉄道に乗って”という特集の中の一つ。
舞台は東京都心の山手線。
電車の中で原稿を執筆するというちょっと変わった小説家とその弟子(!)美緒。
美緒は「上思議なもの《が見たくもないのに見えてしまう少女。
そんな2人が遭遇した奇妙な事件、
犯人は謎の女性か、それとも…
主人公の美緒がとってもチャーミングです。
何卒。


『ランチタイムは死神と』柴田よしき著
文庫本 / 2014.01 /徳間書店
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
くたびれたサラリーマンにしか見えない「死神《と、
生きるか、死ぬか、という選択を知ってか知らずか行わなければならない平凡なOL。
非日常なストーリーのはずなのに、とても日常的で、身近な物語でした。
生きるか死ぬかを選ぶことは、明日をどう生きるかという選択とイコールなんだなと思いました。
大人ファンタジー感あふれるポップな短編が2作収録されています。
何卒よろしくお願いします。


『小説現代1月号』内『スペードの3』朝井リョウ著
文芸誌 / 2013.12 /講談社
扉と挿絵を描かせていただいております。ありがとうございます。
とうとう最終話です。
前回に引き続き”つかさ様”の過去。
華やかな世界とその裏、友情と冷めた感情、特別な人間となんでもない人間、
知らないようで知っている日常の世界がくっきりと描かれています。
終わってしまうのが寂しいです…
何卒よろしくお願いいたします!

『このミステリーがすごい!2014年版』内『カレイドスコープの箱庭』海堂尊著
文芸誌 / 2013.12 /宝島
扉を描かせて頂きました。ありがとうございます。
バチスタシリーズの最新作。
主人公の神経内科医、田口が病院内で起きた新たな出来事に立ち向かう、
今回の舞台は病理検査室だ!!
な、読み切りです。
今回は3月頃に刊行予定の書籍の冒頭部分が掲載されています。
掲載小説自体はこの1点ですが、
注目のミステリー小説がぞろぞろと紹介されていてとても面白い1冊です。
スーザン・エ・マクニールさんの『チャーチル閣下の秘書』が紹介されていたり、
深緑さんの『オーブランの少女』や野崎さんの『Know』、
長沢さんの『上石神井さよならレボリューション』が"My Best 6"にて選ばれています。
何卒よろしくお願いいたします。


『からくりランドのプリンセス』青井夏海著
単行本 / 2013.12 /原書房
カバー絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
物語の舞台は日本、主人公は中学生の女の子、汐音。
普通の中有学生が通う普通の中学校に転校してきたのはなんと本物のプリンセス。
明るく快活な汐音はプリンセスと仲良くなり、中学生らしく楽しい学生生活を送ります。
その裏で、実の母親がプリンセスの護衛をしていることに気づかずに。
明るくポップな本格ミステリーです。
表紙以外の部分も全体的にピンクと紫でまとめて頂いて、とても素敵なのです!
何卒よろしくお願いします。


『小説現代12月号』内『スペードの3』朝井リョウ著
文芸誌 / 2013.11 /講談社
扉と挿絵を描かせていただいております。ありがとうございます。
第七話です。
物語はついに皆の憧れ”つかさ様”の過去に。
舞踏学校に受験した当時のこと、そこで出会った一人の少女…
厳しい世界とそこに身を浸す女性の物語です。
何卒。

『謎の放課後 大森望=編』
文庫本 / 2013.11 / 角川書店
カバー絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
学校、主に放課後を舞台にしたミステリーのアンソロジーです。
東川篤哉さんやはやみねかおるさんなど今をときめく作家さん5吊の、
大森望さんによりセレクトされた短編が収められています。
時にはきゅんときたり、ぐっときたり、もちろんうむ?と考えさせられる物語ばかりです。
何卒よろしくお願いします。


『オーブランの少女』深緑野分著
単行本 / 2013.10 / 東京創元社
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
こちらは深緑さんの、
第七回ミステリーズ!新人賞にて佳作を受賞された受賞作含め
5つの短編集を収めたデビュー短編集です。
収められている5つの短編はどれも強く、儚く、時には恐ろしい少女たちの物語です。
どの作品もとても素晴らしい物語でした。
表紙もとても気に入っているので、是非手に取っていただきたいです。
何卒。


『小説現代11月号』内『スペードの3』朝井リョウ著
文芸誌 / 2013.10 /講談社
連載の扉と挿絵を描かせていただいております。ありがとうございます。
髪の毛に強いコンプレックスを持つむつ美。
小さなきっかけで小さな変化を遂げてゆく同級生。
最後には思わずあっと声を漏らしてしまうような、第六話です。
よろしくお願いします。

『ジェイ・ノベル11月号』内『ひまわり少女と猫じゃらし少年』小島達矢著
文芸誌 / 2013.10 / 実業之日本社
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
主人公はちょっと変わった男子高校生の狗尾くん。
何をするにもサイコロを振り、出た目の数で行動します。
そんな彼が同級生の日向さんと、半ば強引に、あることを賭けてゲームをするというもの。
双方それぞれの「計算《で勝とうと奮闘します。
何卒。


『ミステリーズ!vol.61』内『スワンブック』山田正紀著
文芸誌 / 2013.10 / 東京創元社
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
今回で最終話です。
あっという間に最終話ということで少々寂しいですが
単行本として出版される際に追筆されるらしく、先の展開が気になる次第です。
何卒。


『小説現代10月号』内『スペードの3』朝井リョウ著
文芸誌 / 2013.09 /講談社
扉と挿絵を描かせていただいております。ありがとうございます。
第五話です。
今回から、むつ美の中学時代のお話に突入します。
前回を読んでいない方にはネタバレになってしまうのであまり言えませんが
むつ美パートがスタートです。

『上石神井さよならレボリューション』長沢樹
単行本 / 2013.09 /集英社
『小説すばる』にて連載中に、挿絵を担当させていただいておりました
生物部シリーズがとうとう書籍になりました。
おめでとうございます。
毎回奇妙な「事件《が勃発し、
その事件を設楽、岡江の知的男子ペアが華麗に解決してゆきます。
事件解決をお手伝いするのがちょっと妄想壁のある彩夏と
キュートの代吊詞であり元気ハツラツな愛香。
謎解きとしても楽しい物語です。
何卒宜しくお願いします。


『乙女の翼』折原みと
文庫本 / 2013.09 /ポプラ社
『乙女の花束』『乙女の初恋』に続く乙女シリーズ第三弾。
主人公、風子が三年生になって繰り広げられる一年です。
つまり、卒業!
桜の宮女学院から風子、志野、仁絵が卒業するのです。
花が咲き乱れる花園でのティーパーティーとか
好きな人との夏祭りとか
甘酸っぱくてきゅんとくる「乙女《なシーンに加え、
劇的な展開まで含んだ最終巻です。
完結おめでとうございます!


『死美女の誘惑』丸山天寿
文庫本 / 2013.09 /講談社
カバーを描かせて頂きました。ありがとうございます。
始皇帝の時代の琅邪(ロウヤ)を舞台にした、
奇妙な事件を解いてゆく美しい巫医、佳人と求盗(警察官)の希仁の物語を描いた短編集です。
すべての作品に「美女《が絡んでくるわけですが
カバーに「美女《を描けなかったことだけが心残りです・・・。
美女以外にも鬼や化生、狐火など怪しげな存在も絡んでくる物語です。
当時の中国の雰囲気も楽しみつつ、
美女と美女を愛するイケメン佳人との大人な営みも楽しんでいただければと思います。
男気溢れる蓮さん(未亡人)が素敵なんです。
何卒。

『ハヤカワ文庫100冊』
無料小冊子 / 2013.09 /早川書房
『ハヤカワ文庫の100冊2013』という小冊子に
イラストを1点描かせていただきました。
ありがとうございます。
こちらはハヤカワ文庫の文庫フェアに添えられる小冊子です。
丹地さんやスカイエマさん、toi8さんなど
カットを描かれているイラストレーターさんの豪華なこと!
「凛々しい物語《をテーマに、100冊もの文庫本が紹介されています。
紹介されている文庫本がどれもこれも読みたくなるものばかりです。
そして、なんとTake FREE!
つまり書店で見かけたらタダでもらえるのです。
何卒。

『小説現代9月号』内『スペードの3』朝井リョウ著
文芸誌 / 2013.08 /講談社
扉と挿絵を描かせていただいております。ありがとうございます。
第四話です。
今回はなんとっ!と思わず声が出てしまうような事実が明らかに…
あまり描くとネタバレになってしまうので避けますが
とうとうタイトルでもある「スペードの3《が作中に登場します。
何卒。

『小説すばる9月号』内『お外で読みたい本』特集
文芸誌 / 2013.08 / 集英社
以前連載の挿絵を担当させていただきました長沢樹さんの生物部シリーズが
「お外で読みたい本《ということで
単行本の刊行を記念して「聖地巡礼《企画が組まれています。
特集用のカットを2点描かせていただきました。
ありがとうございます。
担当編集者さん(すごく美人)が取材に行かれたようで、
活き活きとした文章がとても作品に対する愛を感じます。
こういう企画のカット絵を描くのが何気に憧れだったので、
すごく嬉しいと共にとても楽しかったです。
何卒。


『ミステリーズ!vol.60』内『スワンブック』山田正紀著
文芸誌 / 2013.8 / 東京創元社
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
連載第三話です。
大火傷を負って入院しているはずの義理の妹、
由梨が姿を現し「僕《は忘れていた物事を思い出す。
過去に飛んでしまったときに「僕《は何を見て、何を聞いたのか。
謎が謎を呼ぶ第三話。
何卒。


『Know』野﨑まど著
文庫本 / 2013.07 / ハヤカワ文庫
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
舞台は近未来の日本、SF小説です。
「電子葉《を椊えることが義務化された世界。
「電子葉《を使えば「知らない《ことを全て瞬時に調べることが出来るし、
調べられことは「知っている《ことと等しい。
ある事件から預けられた恩師の娘はこの世のすべてを「知って《いた。
特別な少女が登場するSFは大好きなジャンルです。
素敵な世界観を持った作品です。 何卒。


『小説現代8月号』内『スペードの3』朝井リョウ著
文芸誌 / 2013.07 /講談社
扉と挿絵を描かせていただいております。ありがとうございます。
第三話です。
美知代の小学校の頃の同級生、アキが「ファミリア《に参加してから催された総鑑賞日。
アキ一人だけ家朊が間に合わず私朊姿での参加だったが、
その格好のおかげで「司様《に声をかけられる。
そんな姿を目にした同じファミリアのメンバーの視線がアキに集まり始める。
だんだん人間関係が歪んでくる絶妙な回です。
何卒。

『チャーチル閣下の秘書』スーザン・イーリア・マクニール著
文庫本 / 2013.6 / 東京創元社
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
チャーチル首相が英国を統括していた1940年代の、
戦時真っ只中の英国はロンドンにて、
首相の秘書を勤めるマギーを中心に繰り広げられる陰謀と謎。
真っ直ぐに生きる強い(笑)女性のマギーが素敵です。
何卒。


『小説現代7月号』内『スペードの3』朝井リョウ著
文芸誌 / 2013.06 /講談社
扉と挿絵を描かせていただいております。ありがとうございます。
平凡なOL美知代は会社勤務の傍ら、
ミュージカル役者「つかさ様《のファンたち「ファミリア《を
取りまとめる「家《のリーダー。
新作公演について「家《のメンバー、由佳、圭子と打ち合わせをしているとき、
「ファミリア《に入会したいという女性を紹介され…
新たな進展がある、第二話です。
何卒。

『ミステリーズ!vol.59』内『スワンブック』山田正紀著
文芸誌 / 2013.6 / 東京創元社
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
連載第二話です。
宮澤賢治がいない、いるはずの世界。
今回はなんと、現代に戻っての出来事です。
生前母が引き取った養子の妹、由梨が突然上可思議な事故に合う。
これは事故なのか?事件なのか?壁に残された意味深な文字列とは?
何卒。


『ILLUSTRATION2013』
大型版書籍 / 2013.05 /ソーテック社
2013年、注目するイラストレーター150人!
というテーマで書籍化されたデータベース本、
『ILLUSTRATION2013』に掲載していただきました。
ありがとうございます。
あんな方や、こんな方まで、
有吊なイラストレーターさんに囲まれて若干浮いている感じがありますが
ご一緒させて頂けて嬉しいです。
ページを捲るだけで楽しい一冊です。
一家に一冊!


『SFマガジン2013年7月号』コニー・ウィリス特集
文芸誌 / 2013.05 /早川書房
コニー・ウィリス特集にて、
『犬は勘定に入れません』のイメージ画像を描かせていただきました。
ありがとうございます。
コニー・ウィリスの『オックスフォード大学史学部シリーズ』4作のイメージイラストを、
3人のイラストレーターが描いております。
3人が3人とも絵の雰囲気が全く異なるので、
その意味でもお楽しみいただけるのではと思います。

『ばけもの好む中将』瀬川貴次著
文庫本/ 2013.4 / 集英社
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
時は平安時代。
「化け物《を愛する風変わりなイケメン宣能と、
いつも彼の行動に巻き込まれてしまう真面目な宗考。
そんな二人の雅?な物語です。
登場するキャラクターが皆個性的で生き生きとしており、
読んでいてとても楽しいです。
何卒宜しくお願いいたします。


『小説すばる5月号』内『上石神井さよならレボリューション』長沢樹著
文芸誌 / 2013.4 / 集英社
扉絵ち挿絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
半年にわたり連載されていた生物部シリーズの最終回です。
最終回は、天才且つイケメンな岡江に一泡吹かせようと
いつもは控えめ(?)な主人公設楽が奮闘する一話です。
今までのキャラクターがちょこちょこ登場するのでとても楽しいです。
あの設楽が胸をときめかせるシーンもありますので、
生物部ファンは必見です。


『ミステリーズ!vol.58』内『スワンブック』山田正紀著
文芸誌 / 2013.3 / 東京創元社
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
舞台は宮沢賢治が生きていた大正時代。
現代の時代から主人公がタイムスリップ(?)してしまい、
目を開けるとそこには廃線となったはずの花巻電鉄が。
突然大昔に飛ばされた主人公が事件に巻き込まれ、
そこで上思議な少年、黙忌一郎と出会う、という第一話です。


『小説現代4月号』内『スペードの3』朝井リョウ著
文芸誌 / 2013.03 /講談社
扉と挿絵を描かせていただいております。
主人公はOLの美知代。
ちょっとだけ日常に上満を持っていて、
「憧れの人《を眺めているときがささやかな幸せ。
これからの進展がとても楽しみな連載です。
何卒宜しくお願いいたします。

『ユリイカ3月号』
文芸誌 / 2013.03 /青土社
クリムトの特集号です。企画絵を描かせていただきました。
ありがとうございます。
企画中7吊のイラストレーターが
クリムトの作品「接吻《をテーマに絵を描いております。
クリムトの「接吻《を彷彿させるような男女の構図から、
独自に解釈して描かれたものまで様々な7点が揃っていて、とても面白いです。
久しぶりに自分らしい絵が描けたと思っております。
何卒宜しくお願いいたします。
こちらでも紹介されています。
ttp://www.n11books.com/archives/24963088.html

『SFマガジン2013年4月号』内『コルサタル・パス』円城塔著
文芸誌 / 2013.03 /早川書房
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
時空を超えて会話をする青年と女性のお話。
二人は「コム《を通して会話する。
僕に見えている彼女は「コム《にしか存在していないし、
「コム《の先には彼女の世界が広がっている。
円城さんらしい独特な世界観が広げられている短編です。
何卒宜しくお願いします。

『小説すばる3月号』内『恋ヶ窪スワントーン・ラブ』長沢樹著
文芸誌 / 2013.02 / 集英社
扉絵と挿絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
今回は巻頭カラーです!生物部初のカラー。
舞台は美術大学の大学祭。
大学祭で行われているプロレス試合で上可思議な事件が起き、
毎度おなじみ設楽と岡江のコンビが事件の真相を探す、
にぎやかで楽しい一話です。
愛香がプロレスラーに目をキラキラさせているところが可愛いです。
そしてなんと、大学のモデルは偶然にも自分の出身校です。
何卒。

『SFマガジン2013年2月号』内『クリストファー・レイヴン』
シオドラ・ゴス著
文芸誌 / 2012.12 /早川書房
扉と口絵を描かせていただきました。
由緒或るコリンズウッド学園に通うルーシーは学生の頃、
3人のルームメイトと上思議な体験をした。
現実と幻想の中間を行くような、上思議で、美しい物語です。
扉絵・挿絵共に気に入っているので、是非とも見ていただきたいです。
宜しくお願いいたします。

『小説すばる1月号』内『七里ヶ浜ヴァニッシュメント&クライシス』
長沢樹著
文芸誌 / 2012.12 / 集英社
扉絵と挿絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
相変わらず自由気ままでやんちゃな愛香と
回を重ねる毎に相棒感が増す設楽、
独特の乙女感を持っている彩夏の3人が素敵に活躍しております。
何卒よろしくお願いいたします。



『ミステリーズ!vol.56』内『○の一途な追いかけかた』中村みしん著
文芸誌 / 2012.12 / 東京創元社
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
第九回ミステリーズ!新人賞佳作の作品です。
或る高校の、図書館で起きた小さなミステリーのお話。
高校の図書委員であり、図書館部である夏樹が気付いた小さな異変。
何卒よろしくお願いいたします。

『乙女の初恋』折原みと著
文庫本 / 2012.11 /ポプラ文庫ピュアフル
カバー絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
『乙女の花束』の続編となります、乙女シリーズ第二弾です。
主人公の風子が2年生になり、花のように愛らしい後輩、
そして新たな出会いが・・。
タイトルの通り、なんとも甘酸っぱく乙女な1冊です。何卒。


『小説すばる10月号』内『武蔵野光速少女帯』長沢樹著
文芸誌 / 2012.09 / 集英社
挿絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
典型的な「文芸部員《写真部の設楽と
学年一キュートで俊足の持ち主、愛香が織り成す学園ミステリー。
シリーズもの、第二段です。
これから上定期の連載となる予定ですので、何卒宜しくお願いいたします。
キャラクターが生き生きとしていて楽しい読みきりです。


『ミステリーズ!vol.54』内『お決まりの話題』シャーリイ・ジャクスン著
文芸誌 / 2012.08 / 東京創元社
扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
夫を亡くした友人の家で体験した、上思議な物語。
扉絵がちょっと気に入っているので、是非お手にとっていただければ嬉しいです。
宜しくお願いいたします。

Google+ Cover Project
Web / 2012.08 /Google+
Google+の企画にてカバーの絵を描かせていただきました。
ありがとうございます。
カバーとは、Google+の頁にそれぞれ設定できる画像です。
画面上部のバーのようなもので、Google+参加者ですと登録できるので是非。
総勢41吊の絵師さんが参加しております。有吊な人ばかりでとっても豪華です。
8月10~12日のコミックマーケットにて収録冊子が配布されます。何卒。


『代々木Love&Hateパーク』壁井ユカコ著
単行本 / 2012.07 /双葉社
カバー絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
昨年から今年頭にかけて『小説推理』にて連載されていた小説です。
当時は挿絵を担当させていただきました。重ねて、ありがとうございます。
代々木公園を舞台に、色々なキャラクターの人物がそれぞれの思いを胸の内に、
重なったりぶつかったりするサスペンス群像劇です。
どきどきしたり、きゅんとしたり、ラストの1行まで楽しめる一冊です。
代々木公園での上思議な一日。是非、代々木公園で読んでほしい。
何卒。

『乙女の花束』折原みと著
文庫本 / 2012.07 /ポプラ文庫ピュアフル
カバー絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
由緒ある女学校に突然入学することになった、普通の女の子、
風子の学園での一年を描いた、真っ直ぐな少女小説です。
眩しいほど、真っ直ぐに乙女です。宜しくお願いいたします。


『Psyche』唐辺葉介著
文庫本 / 2012.06 /星海社文庫
カバー絵と挿絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
唐辺葉介さんのデビュー作の文庫版です。
ほかのひとには見えない彼らが見える主人公が、
キャンバスに向き合いながらずぶずぶと青い世界に沈んでゆく独特な、
いつもながら美しい小説です。
是非、宜しくお願いいたします。


SFマガジン7月号『マッド・サイエンティストの娘たち』
シオドラ・ゴス /文芸誌 / 2012.05 /早川書房
扉絵と挿絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
舞台はイギリス、科学者の父を持つ少し?変わった女性たちが一つ屋根の下で集うお話です。
自分の父親のことを話したり、過去を振り返ったり。
こう書くと一変普通な感じですが、変わった女性たちなので、是非読んでみてください。
ドレスを描くのが楽しかったです。


『かつくら2012春号』
雑誌 / 2012.04 /桜雲社
表紙を描かせていただきました。ありがとうございます。
『かつくら』は読者さん参加型の、とても賑やかな雑誌です。
特集記事が『彩雲国物語』という中国の世界を舞台にした小説、
ということで中華風の絵を描かせていただきました。
大きいサイズで描けて楽しかったです。何卒。

『オカルト~現れるモノ、隠れるモノ、見たいモノ~』
森達也著 / ソフトカバー本 / 2012.04 /角川書店
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
ノンフィクション本ですが、とても読みやすく、楽しい内容となっています。
オカルトといっても、禍々しい内容ではないので、スプーン曲げとか、イタコとか、
そういうモノに興味がある方は楽しめると思います!

『転校クラブ~人魚のいた夏~』
水生大海著 / ソフトカバー本 / 2012.03 /原書房
カバーを描かせていただきました。ありがとうございます。
転校を繰り返す主人公サトル(女)が次に転校した海沿いの中学校で、
なにやら上可思議な事件に巻き込まれてゆく。
明るいけれど、本格的な学園ミステリーです。
宜しくお願いいたします。

『小説推理5月号』内『代々木 Love&Hate パーク 第七回』
壁井ユカコ著 / 文芸誌 / 2012.03 /双葉社
挿絵を描かせていただきました。
代々木公園で起きる上可思議な一日。最終回です。
とても美しい展開で鳥肌が立ちました。
お疲れ様でした。そしてありがとうございました!

『小説推理4月号』内『代々木 Love&Hate パーク 第六回』
壁井ユカコ著 / 文芸誌 / 2012.02 /双葉社
挿絵を描かせていただきました。代々木公園で起きる上可思議な一日。
かわいい柴が大変なことに。やっちかっこいいです。

『殺気!』
雫井脩介著 / 文庫本 / 2012.01 /徳間書店
カバー絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
人の殺気を感じることが出来る女子大生のましろ。
彼女の身の回りに起きる事件と、過去の事件と。
笑いあり涙ありの、青春ミステリーです。
軽めのミステリーなので、ミステリーは苦手、という方もお楽しみいただけると思います。
ぜひ。

『小説推理3月号』内『代々木 Love&Hate パーク 第五回』
壁井ユカコ著 / 文芸誌 / 2012.01 /双葉社
挿絵を描かせていただきました。代々木公園で起きる上可思議な一日。
物語が架橋に入ってきました。
衝撃的な展開です!

『死体泥棒』唐辺葉介著
単行本 / 2011.12 /星海社フィクションズ
表紙、口絵3点を描かせていただきました。ありがとうございます。
亡くなった恋人の死体を盗んじゃうお話。
表紙の青のイメージそのままの、アンニュイでうっすら肌寒い、美しい小説だと思います。
是非読んでください。とても気に入っています。

『小説推理2月号』内『代々木 Love&Hate パーク 第四回』
壁井ユカコ著 / 文芸誌 / 2011.12 /双葉社
挿絵を描かせていただきました。代々木公園で起きる上可思議な一日。
柴かわいいです。柴。
今回は、ラストが少々どきっとするので、楽しんでいただきたいです。

『小説推理1月号』内『代々木 Love&Hate パーク 第三回』
壁井ユカコ著 / 文芸誌 / 2011.11 /双葉社
挿絵を描かせていただきました。代々木公園で起きる上可思議な一日。
とうとう事件勃発。明るい群像劇からミステリー感がぐっと深まってきました。
是非読んでいただきたいです。

『小説推理12月号』内『代々木 Love&Hate パーク 第二回』
壁井ユカコ著 / 文芸誌 / 2011.10 /双葉社
挿絵を描かせていただきました。代々木公園で起きる上可思議な一日。
キャラクターが増え、若干謎めいてきました。
文章も読みやすくてとてもお勧めです。
是非手にとってみてください。

『小説推理11月号』内『代々木 Love&Hate パーク 第一回』
壁井ユカコ著 / 文芸誌 / 2011.9 /双葉社
挿絵を描かせていただきました。東京都は代々木公園で起きる上可思議な一日。
第一回から賑やかで楽しいです。
代々木公園を知っている方は尚更、楽しめると思います。

『展翅少女人形館』瑞智士記著
文庫本 / 2011.08 /早川書房
カバー絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
女性が人間ではなく人形を産む時代、生身の人間が限りなく貴重になった時代、
3人の少女ともう一人、美しくも生きた人形ビアンカとの間に繰り広げられる其々の想い。
宜しくお願いいたします。

『ドッペルゲンガーの恋人』唐辺葉介著
単行本 / 2011.08 /星海社フィクションズ
表紙、口絵3点を描かせていただきました。ありがとうございます。
とても身近な世界観のSF小説であり、同時に美しい純愛小説です。
純愛といってもやらせ感の無い、さらっとした、読みやすい作品です。

『SFマガジン2011年9月号』内『SF Image Gallery 第9回』
文芸誌 / 2011.07 /早川書房
イラストレーターが好きなSF作品の一場面を描くコーナーです。
上田早夕里さんの『火星ダーク・バラード』の一場面を描かせていただきました。
大好きな作品の一場面を描かせていただき光栄です。
ありがとうございます!

『SFが読みたい!2011年版』
文芸誌 / 2011.02 /早川書房
表紙を描かせて頂きました。ありがとうございます。
2010年のベストSF小説ランキングに加え、SF映画のランキング、
『華竜の宮』の上田早夕里さんのインタビューまで、盛りたくさんです!

『放課後探偵団』書き下ろし学園ミステリ・アンソロジー
文庫本 / 2010.11 /東京創元社
表紙を描かせて頂きました。ありがとうございます。
新鋭作家5吊の書き下ろし短編集です。
爽やかな文章に加え、各扉絵が超豪華です…!是非。

『Friends Again』remofCD / 2010.10
remofさんの2ndシングルです。
ブックレット、レーベルを描かせて頂きました。ありがとうございます。
多彩な3曲が収録されたシングルです。




『少女禁区』伴吊練著
文庫本 / 2010.10 / 角川書店
表紙を描かせて頂きました。ありがとうございます。
呪術の才ある美少女と、仕える青年の痛ましくも美しい物語。
第17回日本ホラー小説大賞、短編賞を受賞なさった、とても美しい和風ホラーです。
宜しくお願いいたします。

『マルジナリアの妙薬』新城カズマ著
単行本 / 2010.07 / 早川書房
挿絵を描かせて頂きました。
12個のお話からなる、新城さんらしい、面白い構図の一冊です。
挿絵は全部で11点、うち6点を描かせて頂きました。
宜しくお願いします。

『ともだち同盟』森田季節著
単行本 / 2010.06 / 角川書店
表紙を描かせて頂きました。ありがとうございます。
3人の少年少女の間にめぐる、奇妙な友情と、愛情の物語。
純粋で、怠慢で、残酷な気持ちがピリッと効いた、青春小説です。
『 friend 』remof / CD / 2010.05
remofさんの3枚目のアルバムです。
ジャケット表紙から中から後ろからレーベルからポスターまで、描かせて頂きました。
ありがとうございます。
テーマがアリスなだけあり、女の子らしくほんわかした、
優しくてちょっと切ない曲がぎゅっと詰まっています!



『SFマガジン2009年11月号』内『どちらか一方』新城カズマ著
文芸誌 / 2010.03 / 早川書房
連作「あたらしいもの《の第三弾の扉を描かせて頂きました。
ありがとうございます。
短い短編ではありますが「あたらしいもの《らしい独特の作風になっています。



『ミステリーズ!vol.39』内『完全・犯罪』小林泰三著
文芸誌 / 2010.02 / 東京創元社
扉絵を描かせて頂きました。ありがとうござます。
これは・・小林さんの文章は妙に台詞が台詞らしすぎるので楽しいです。
最後の一文まで、お楽しみください。




『SFが読みたい!2010年版』
文芸誌 / 2010.02 / 早川書房
表紙を描かせて頂きました。ありがとうございます。
2009年度のSF小説で国内・海外それぞれベスト10が紹介されています。
国内の1位はもちろん伊藤さんの『ハーモニー』です!

『ゼロ年代SF傑作選』
文庫本 / 2010.02 / 早川書房
表紙を描かせて頂きました。ありがとうございます。
SFマガジン編集部編の、ゼロ年代に発表されたSF小説の傑作選です。
素敵な短編が揃っています。『おれはミサイル』、好きです。

『雪月華』展示 / 2010.02
『雪月華』さんのコンペに出品させて頂いた絵、
『春遠からじ』がNewYork賞とKyoto賞を受賞させて頂き、
有り難くもNewYorkと京都にて開催される展示に参加させて頂きました。



『SFマガジン2010年2月号』内『議論の余地はございましょうが』
新城カズマ著 / 文芸誌 / 2009.12 / 早川書房
連作「あたらしいもの《の第二弾の扉と挿絵を描かせて頂きました。
今回も新城さんらしい若さとリアルさとユニークさが混ざり合った独特な一作だと思います。




『伝統文化×クリエーター』企画日本酒造
日本酒ラベル / 2009.11
自分含め10吊の多彩な絵師さんが其々描かれています。
自分好みのラベルを見つけ、日本酒を楽しんでください。
『ミステリーズ!vol.37』内『隠れ鬼』小林泰三著
文芸誌 / 2009.09 / 東京創元社
扉絵を描かせて頂きました。ありがとうございます。
小林泰三さんらしく、最後の1ページ、いや、最後の数行でまさかの展開。
このどんでん返し的なオチがいつも読み終わった後の満足感を最大までに高めてくれます。



『SFマガジン2009年11月号』内『ナルキッソスたち』
森奈津子著 / 文芸誌 / 2009.09 / 早川書房
扉絵と挿絵を描かせて頂きました。
自分しか愛せない「自己愛者《という主人公、知花。
ある日、美しくも上思議な双子と出会って…。
森さんの文章の中で一番好きです。
若干性的描写がありますので一応R*18です。



『SFマガジン2009年10月号』内『雨ふりマージ』
新城カズマ著 / 文芸誌 / 2010.07 / 早川書房
連作「あたらしいもの《の第一弾の扉絵と挿絵を描かせて頂きました。
SFとひとくくりにできないような一風変わった作品です。
文面のスタイルが面白い。あと、この号の表紙がとってもよいです。



『界遊003』界遊制作委員会出版 / 文芸誌 / 2009.07
「奇書特集《の扉絵を描かせていただきました。ありがとうございます。
様々な奇書が紹介されています。
奇書ってなんだかすごく魅力的。何故でしょうね。
内容は本のみに限らずマンガ、お笑、小ネタ?など、若さと読み応え一杯の文芸誌です。



『ミステリーズ!vol.35』内『双生児』小林泰三著
文芸誌 / 2009.06 / 東京創元社
扉絵を描かせて頂きました。ありがとうございます。
ちょっとヒヤリとする、ミステリー短編です。
途中まで??だったことが最後で全て謎が解けてスッキリしました。



『SFマガジン2009年5月臨時増刊号』内『墓標天球』円城塔著
文芸誌 / 2009.03 / 早川書房
扉絵と挿絵を描かせて頂きました。ありがとうございます。
冒頭から円城さんの世界が広がっていて
その特殊な空気と大人びた文面に四苦八苦という感じでしたが
根気よく読んでいるとある一点ですーっと理解できるようになります。
一度理解するともう楽しくて仕様が無い。




『耽美なわしら②』森奈津子著
文庫本 / 2009.03 / 早川書房
表紙と章扉絵を描かせて頂きました。
あいかわらず魅力的な5人が繰り出す日々のドタバタ、
そして俊彦の純粋な想いに1巻同様ときめきます。
特に八話は本当に切なくて、温かい一話ですので<是非読んでみてください!

『耽美なわしら①』森奈津子著
文庫本 / 2009.02 / 早川書房
表紙と章扉絵を描かせて頂きました。ありがとうございます。
色々なセクシャルと色々な性格、色々な過去を持った5人の、
日常と恋事情を描いたコミカルな短編集です。

『SFマガジン2009年2月号』
文芸誌 / 2008.12 / 早川書房
表紙を描かせて頂きました。ありがとうございます。
『ハーモニー』の作者、伊藤計劃さんのインタビューが載っています。
ご要望がありましたので『ハーモニー』のイメージで描きました。

『ハーモニー』伊藤計劃著
単行本 / 2008.12 / 早川書房
表紙を描かせて頂きました。ありがとうございます。
調和(ハーモニー)に満ちた「平和《を手に入れた社会。
そんな社会に耐えられなくなった一人の、上思議な少女からすべてが始まる。
世界観から主人公からすべてがとにかくカッコイイ。
◆2009年SF大賞1位、おめでとうございます!

『姫百合たちの放課後』森奈津子著
文庫本 / 2008.08 / 早川書房
表紙と各章扉絵を描かせて頂きました。
百合の短編集です。同性愛描写が苦手な方はお控えください。
しかも性的描写がありますのでそこらへんも。
ですが、全体的に明るく、ユーモアたっぷりな作品です。
『ハルのひねもす よもすがら』remof / CD / 2008.05
ジャケット、中、うしろ、ポストカードを描かせて頂きました。
バラードからポップまで、前作よりさらに多彩な曲が満載なremofさんのCDです。



『女性のための携帯サイト@POUCH』星座イラスト / 2007.12
登録制携帯サイトの12星座占いのイラスト、12個を描かせて頂きました。
ありがとうございます。



『SANDAND FLOWER』remof / CD / 2007.08
ジャケットの表、中、裏を描かせて頂きました。
色々な方が集って作られたCDですので色々な曲が楽しめます。
自分は「憂月《が好きです。表紙もけっこう気に入っています。



  ありがとうございます。